東京タワーと増上寺

六白黒豚と茎わさびしょうゆの相性が超絶妙


 東京タワーと増上寺の目と鼻の先にあるとんかつの名店「のもと家」。
 鹿児島県産の六白黒豚(ろっぱくくろぶた)の上質な肉を使用。

 なんと「ソース」でも「塩」でもなく、「茎わさびと醤油」で食べました。
 とんかつの代名詞「脂身」を全く感じない上品な味に脱帽。

ビル前1
 一見さんには入り口が分かりづらいビルの佇(たたず)まいです。(右の細い階段です)
ビル前2
 細い階段を上って2階へ。階段で待つこと約20分。
メニュー
 ここの看板メニューは、何といっても鹿児島県産「六白黒豚」の【特選】とんかつ。
 ちなみに「六白黒豚」とは、四本の足先と鼻、尾の先の計6個所が白い黒豚で、肉繊維が細くて食べやすく、脂肪分が少ない上質な味が特徴です。
【特選】ロースかつ定食(160g)

 やっと入店できました。
 待っている間に注文しているのでタイミングよく配膳されます。

 六白黒豚の【特選】ロースかつ定食

 専門のトンカツ屋では珍しい「茎わさびと醤油」で一口食べてみると・・・。

六白黒豚の特徴

 絶妙な味わいで、今まで食べてきた「ソース」や「塩」、「そのまま」とはまた違った側面(味)を知りました。絶品でした。

 箸袋に「食は生命のもと」と書かれてましたが、まさにその通りです。店名「のもと家」にも引っ掛けているのでは(!?)と思いました。

 厨房の方やホールの方の礼儀が正しく、仕事が丁寧で、店の中に居る一時が本当に心地よく感じれました。

 現在、食べログでは3.84ですが、私的には5.00に近い評価です。☆☆☆☆☆彡

 次回来店時のターゲットは、【特選】厚切りロースかつ定食です。