セカンドキャリア

第9回中級ソフトウェア品質技術者資格試験記述式問題


ソフトウェア開発の要求を決めるときにステークホルダーを識別すると、開発の手戻りを防ぐと言われている。ステークホルダーの識別による利点を異なる視点から二つあげ、具体的なステークホルダー名に言及しながら、25 字程度で述べよ。
解答
ある製品のソフトウェア開発を派生開発で行っている。この製品は機能の組合せによって複数の機種(バリエーション)があり、シリーズ化されている。また、機種ごとに機能の一部に違いがある。
今回、製品のフルモデルチェンジを機に、以後のソフトウェア開発の生産性の向上及び品質の確保を図るために、既存のソフトウェアを資産化する方針を立てた。
ソフトウェア資産の再利用を促進する上で重要な観点を三つあげ、それぞれ 50 字程度で述べよ。

解答

■中級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)に合格しました。