ソフトウェア品質知識体系ガイド

品質作り込み技術の考え方


「品質作り込み技術」の主な考え方として、「ソフトウェアパターンの適用」や「プロセスモデル」(プロトタイピング、アジャイルなど)があります。

「ソフトウェアパターン」は、ソフトウェア開発の工程や領域で繰り返し適用されてきた熟練者による解決策に名前を付けて抽象化したものです。「モデル化」は、認知したいと考えている構造、振る舞い、現象などについて、別の効率的な形式や方法による表現を用いることを言います。SQuBOK051

■中級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)に合格しました。