オクラ3

オクラの育て方


 

栽培のポイント実が硬くなる前に早めに収穫する。収穫が始まったら風通しを良くするため、収穫した実より下の葉をとる。
①植え付けの1週間前までに、必要な分だけ、たい肥や肥料などを入れて、よく耕し畑の準備をしておく。ウネを立てて、マルチを張る。
オクラ1②マルチ穴あけ器でマルチに穴をあけて、1穴に対して5粒のタネを1cmくらいの深さで「点まき」する。タネをまいたら、土をかぶせて、手でしっかりと上から土を押さえて鎮圧する。鎮圧後は、土が湿る程度に水をあげる。
③タネをまいたらすぐに、不織布でウネを覆って、土が乾燥しないようにする。土が乾燥すると、上手く発芽しないため、芽が出るまではなるべく水やりをして乾燥させないようにする。
オクラ2④芽が出てきたら、不織布を外して2本間引いて、3本仕立てにする。間引き後は軽く土寄せを行う。
オクラ3⑤が6~7cmになったら収穫する。収穫が遅れると、実が硬くなり筋っぽくなり食味が落ちるため、収穫は遅れないようにする。収穫が始まったら、風通しをよくするために、収穫した実より下の葉を随時かきとっていく。
作業タイミングの目安

■【シェア畑】契約しました。