ちぢみホウレンソウ

ちぢみホウレンソウ・サラダホウレンソウ・リーフレタスの育て方


栽培のポイントとなりとの間隔をしっかりあけて植え付ける。
風通しが悪いと病害虫が発生しやすくなるため適宜、間引きを行う。
厳寒期(11月中旬~)のため穴あきマルチを使って保温栽培する。
ベビーリーフで栽培するのがオススメ。
ちぢみホウレンソウ1①タネまきの1週間前までに、必要な分だけ、たい肥や肥料などを入れてよく耕し、畑の準備をしておく。ウネを立てる。穴あきマルチを張る。
ちぢみホウレンソウ2②1穴に対して4粒の大きさタネを1cmくらいの深さで「点まき」する。タネをまいたら、土をかぶせて、手でしっかりと株元の周りの土を押さえて鎮圧する。鎮圧後は、土が湿る程程度度に水をまく。
ちぢみホウレンソウ3③タネをまいたらすぐに、不識布をべたがけし、さらに保湿ビニールのトンネルをかけて、保湿する。
ちぢみホウレンソウ4④芽が出始めたら、べたがけの不識布をはがして1回目の間引きを行い、1穴の対して2本にする。その後、本葉が3~4枚になったら2回目の間引きを行い1本にする。間引いたものは食べることができる。。
⑤追肥は基本的に行わないが、生育状況をみて元気がない時に追肥を行う。
ちぢみホウレンソウ5⑥寒い時期は生育がゆっくりのため5~10cm程度(タネまきから1ヶ月~2ヶ月程度)の小さいうちにベビーリーフとして収穫すると良い。大きくなるまで待つ場合は15~20cm程度(タネまきから3ヶ月程度)になったら収穫する。
作業タイミングの目安

■【シェア畑】契約しました。