スイカ3

小玉スイカの育て方


栽培のポイントとなりとの間隔をしっかりあけて植え付ける。 1つのツルに1つの実をつけるようにする。 鳥や、害虫の被害にあうことがあるため、対策をしておく。
①植え付けの1週間前までに、必要な分だけ、たい肥や肥料などを入れて、よく耕し畑の準備をしておく。ウネを立てて、マルチを張る。
②マルチ穴あけ器でマルチに穴をあけて、苗を植え付ける。植え付け後、手でしっかりと上から土を押さえて鎮圧する。鎮圧後は、5秒ほどたっぷりと水をあげる。
スイカ1③植え付け後、210cmの支柱と90cmの支柱を使って合掌式に組んで、スイカが大きくなってからツルがまきつくように園芸用のネットをはる。
④本葉が5~6枚の時に中心の枝(親ヅルの先端)をハサミで切り、子ヅルを3本残す。まずは自然にまかせ、3本のツルの方向が決まってきたら、それぞれに重ならないように麻ひもを用いて誘引する。
⑤ツルの最初の雌花は株の生長を促すため摘み取る(摘花)。雌花は花の下部分が少し膨らんでいる。花は自然に受粉し、果実が膨らみ始める。1ツルに(1本につき)1個だけ果実を残して育てる。
スイカ2⑥果実がふくらんでくると実が重くなり、虫や鳥、獣などに果実を食べられることがあるため、支えとしてメッシュの生地のネットをハンモック状にかけて実を守る。
スイカ3⑦受粉してから40日前後、果実の上に生えているまきひげが茶色く枯れ始めたら収穫適期。果実の表面を軽くたたいて鈍い音がすれば収穫する。
作業タイミングの目安

■【シェア畑】契約しました。