ニンジン5

ニンジンの育て方


栽培のポイントとなりとの間隔をしっかりあけて植え付ける。 根が張るように土づくりでは深く耕す。 種まき後、土が乾燥すると発芽しないため、 不織布をかけて乾燥しないようにする。
ニンジン1①タネまきの1週間前までに、必要な分だけ、たい肥や肥料などを入れて、よく耕し畑の準備をしておく。ウネを立てて、マルチを張る。
ニンジン2②ウネの表面にならし板の角をこすりつけて深さ1㎝程度の溝をつける。溝の中にタネを一粒ずつ2㎝間隔で「すじまき」にする。タネをまいたら、土をかぶせて、手でしっかりと上から押さえて鎮圧する。鎮圧後、土が湿る程度に水をまく。
ニンジン3③タネをまいたらすぐに、不織布でウネを覆って、土が乾燥しないようにする。土が乾燥すると、上手く発芽しないため・芽が出るまではなるべく水やりをして乾燥させないようにする。
ニンジン4④芽が出てきたら、不織布を剥がし1回目の間引きを行う。弱い芽や形の悪いものを除く。本葉が2~3枚でてきたら2回目、本葉が4~5枚で3回目の間引きを行う。間引き後は軽く土寄せを行う。
ニンジン5⑤植え付けてから110日ほど経過したら収穫適期。株元を少し掘り起こして、ニンジンの肩の直径が3㎝程度になっていたら、収穫する。全て収穫する前に試しで1本収穫してみて大きくなっていれば他も収穫すると良い。
作業タイミングの目安

■【シェア畑】契約しました。