インゲン4

インゲンの育て方


栽培のポイントとなりとの間隔をしっかりあけて植え付ける。鳥に食べられないように、タネまき後は不織布で覆う。
①植え付けの1週間までに、必要な分だけ、たい肥や肥料などを入れて、よく耕し畑の準備をしておく。ウネを立て、マルチを張る。
インゲン1②マルチ穴あけ器でマルチに穴をあけて、1穴に対して4粒のタネを2cmくらいの深さで「点まき」する。タネをまいたら、土をかぶせて、手でしっかりと上から株元に土を押さえて鎮圧する。鎮圧後は、土が湿る程度に水をあげる。
③タネをまいたらすぐに、不織布でウネを覆って、鳥にタネを掘り返されないようにする。その後210cmの支柱を使って、合掌式に組んでインゲンが大きくなってからツルがまきつくように園芸用のネットをはる。(キュウリの栽培と同時進行する)
インゲン2④初生葉(子葉の次に出る葉)が出たころに2本間引き、良いものを2本残す。間引き後は株元に土寄せする。
インゲン3⑤花が咲き、莢が付き始めたら、実を大きくするため、土が乾燥しないよう水やりを行うようにする。水やりが足りないと、中のマメが大きくならないため注意する。
インゲン4⑥莢が15cm程度になったら収穫する。収穫が遅れると、莢の中の豆が浮き出てきて硬くなるため注意。
作業タイミングの目安

■【シェア畑】契約しました。