モロヘイヤ3

モロヘイヤの育て方


栽培のポイントとなりとの間隔をしっかりあけて植え付ける。 背丈が大きくなり葉が茂るため、こまめに収穫をする。
モロヘイヤ1①タネまきの1週間前までに、必要な分だけ、たい肥や肥料などを入れて、よく耕し畑の準備をしておく。ウネを立てる。マルチを張る。
②マルチ穴あけ器でマルチに穴をあけて、1穴に対して4粒のタネを1cm間隔で「点まき」する。タネをまいたら、土をかぶせて、手でしっかりと上から土を押さえて鎮圧する。鎮圧後は、土が湿る程度に水をまく。
③タネをまいたらすぐに、防虫ネットのトンネルでウネを覆って、害虫が入ってこないようにする。
モロヘイヤ2④芽が出たら、1回目の間引きを行う。弱い芽や形の悪いものを除く。本葉が3~4枚でてきたら2回目の間引きを行う。間引き後は軽く土寄せを行う。
⑤草丈が40cmで中心の芯の先端をカットして側枝がたくさんでるようにする。
モロヘイヤ3⑥側枝が背丈が40~50cmほどに生長したら先端の10cmほどのやわらかい葉を適宜収穫する。
作業タイミングの目安

■【シェア畑】契約しました。