中級ソフトウェア品質技術者資格認定証

【中級JCSQE】お勧めの勉強方法


2度の受験経験から、中級ソフトウェア品質技術者試験合格に向けた、「お勧めの勉強方法」について述べます。

試験概要

中級ソフトウェア品質技術者資格認定JCSQE試験案内

まず、試験概要ですが、試験案内にあるように、試験時間は120分で、出題数は42問です。
2回の受験経験から、時間が足りないと思ったことはありませんでした。
当日の試験の時間配分(案)については「試験当日の過ごし方」で述べるようにします。

勉強方法

問題42問の内、選択式は25問、記述式は17問出題されます。
記述式17問の内、「穴埋め問題」が10問、「説明問題」が5問、そして「解説問題」が2問出題されます。
「説明問題」とは25字程度で2項目の解答(もしくは50字程度で1項目の解答)を要する問題で、「解説問題」とは50字程度で3項目の解答を要する問題です。←これが一番の鬼門です。

・選択式および記述式の「穴埋め問題」は、品質用語・概念が正しく理解できているかが問われます。
・記述式の「説明問題」は、品質用語・概念についての重要な点(留意点や注意事項など)まで踏み込んで理解できているかが問われます。
・記述式の「解説問題」は、品質知識に関して現場において正しく活用できるかが問われている問題が多いように思います。特に、品質マネジメント能力が求められていると考えます。

よって、「説明問題」・「解説問題」では、『出題者の”出題(問題)の意図(=解答に求めているポイント)”を的確に把握する』必要があります。
これができるかできないかが合否の境となると考えます。
過去問」でもう少し詳しく述べます。

●参考書&問題集


①ソフトウェア品質知識体系ガイド

【内容】
「ソフトウェア品質に関する暗黙知の形式知化」、「ソフトウェア品質に関する最新テーマの整理、体系化」された日本発のソフトウェア品質知識体系に関する書籍です。構成は、「ソフトウェア品質知識ガイドの構成概要」をご覧ください。

【勉強方法】
ソフトウェア品質に関する、用語・概念を正しく理解するよう日々勉強してください。記載されている内容のポイントについては、「中級ソフトウェア品質技術者資格認定への道」にアップしていますので参考にしてください。
本書は必需品であり、バイブルでもあるので、少しお高いですが新品を購入して自分色に染めることをお勧めします。


②ソフトウェア品質保証入門

【内容】
著者の保田さん、奈良さんは、長年、(株)日立製作所で品質保証活動に従事された方です。ソフトウェア開発の現場で長年活用され、生き残ってきた仕掛けと技術が豊富に解説されています。現場での品質知識の活用がイメージし易い一冊ですので、現場経験の少ない方にはぜひお勧めです。

【勉強方法】
用語・概念を正しく理解するとともに、品質知識の活用に当たっての留意点や注意点などについても理解するよう勉強してください。


③初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)問題と解説

【内容】
初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)の問題と解説です。中級ソフトウェア品質技術者資格の基礎知識を確認する一冊です。

【勉強方法】
改めて基礎知識を確認するタイミングで読んでください。ソフトウェア品質知識体系ガイドの日々の勉強に疲れたタイミングで行うことをお勧めします。


●過去問


【内容】
JCSQEソフトウェア品質技術者資格認定サイトには、「過去の出題内容」が一部(特に正答率が低かった問題など)掲載されています。

【勉強方法】
・「穴埋め問題」・・・出題形式を理解するようにしてください。
・「説明問題」・・・【解説】を熟読し、”何が重要”であるかを理解してください。
・「解説問題」・・・「問題の狙い」・「解答のポイント」熟読し、”何を問う問題”であり、”解答に何を求めているか”を理解できるよう訓練してください。
中級ソフトウェア品質技術者資格認定への道」でも「過去の出題内容」の内、「説明問題」・「解説問題」のみを抜粋しアップしていますので、ぜひご覧ください。


【お勧めサイト①】
FP目指すなら「スマホで学べるスタディング」

【お勧めサイト②】
社労士目指すなら「資格スクエア」

【お勧めサイト③】
公認内部監査人目指すなら「アビスタ」